金曜日 - 18 / 09 / 2015

リスク・コントロールのためのイフダン発注

外国為替を利用して投資を行う方法であるFX投資は、基本的な知識がなければ難しい投資の方法であると言えます。少なくとも前提として、どのような方法で発注を行うことが出来るのかについて知っておく必要があるでしょう。そこでここでは、FXにおける発注方法の一つであるイフダン発注について紹介します。

イフダン発注は正式にはIf Done orderと呼ばれます。直訳すると「完了した時に発注する」という意味となるでしょう。実際の発注内容もその名前の通りとなっています。新規発注が成立した瞬間に、すでに行われている決済注文も同時に行うというもので、指定レートを利用することによって便利な取引が出来るようになります。

主な利用方法として、指値を利用した利益の確定と、逆指値を利用したロスカットがあります。指値を利用する場合、レートを指定した新規買い注文を入れたイフダン発注を行うことによって、一度利益を確定した上で新規取引を開始することになります。対して逆指値を利用する場合、レート指定した新規買い注文を入れることによって、その後はレートを指定した売り発注を行うことになります。リスクコントロールを行う上で非常に重要な取引方法となります。

Leave a Reply

Fields marked with * are required You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>