火曜日 - 15 / 09 / 2015

FXの基本的な発注方法

外国為替を対象にして投資を行う方法であるのがFX投資です。ただ、初心者からするとなかなか難しい単語などもあり、どのような方法で取引を行えば良いのか分からないことも多いでしょう。そこでここでは、主にFXで利用される「発注」の指示内容について紹介します。

まずは基本的な発注の方法として「成行」「指値」「逆指値」という3つの方法があります。まず成行というのは、取引する数量を指定した上で、現在の通貨レートを利用して取引を行うというものです。次に指値というのは、対象とする通貨レートを指定し、安くなった時に買い、高くなった時に売るようにしておくというものです。逆指値は現在よりも不利なレートを指定し、自動的に売買をする方法となります。

特殊な発注方法としては、「イフダン」や「オー・シー・オー」「イフダンオー・シー・オー」などがあります。イフダン発注というのは、新規の注文と現在の決済を同時に発注する方法で、操作を簡略化することができます。オー・シー・オーはワンキャンセルズザアザーオーダーの略称で、2つの発注を設定しておき、どちらかの発注が成立した時にもう一つの発注をキャンセルするという方式となっています。

Leave a Reply

Fields marked with * are required You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>