火曜日 - 28 / 06 / 2016

FXをするなら、発注の際のリスク管理は必須

小さなお金を大きく増やしたい。
それならば、タンス預金でも銀行預金でもなく、FXをお勧めします。
FXはいわゆる金融商品です。
ドルやリラ、ユーロなどの外国の通貨を交換・売却することでその差額を利益として手にするために作られたものとなります。

例えば、日本を出る時に1ドル100円だったとします。
1000円ならば10ドルと交換できました。
しかし、帰国した際に1ドルが120円になっていました。
そうすれば、10ドルが12000円になって戻って来るということになります。
ウハウハです。

いろいろな会社がFX商品を出していますので、それならばすぐにでも、と思うかもしれません。
しかし、FXは絶対に増える、というものではありません。
逆に1ドルが90円になってしまうことだってあります。
つまり、時期を見誤ると大損をしてしまうことにもなる訳です。

そうならないためにも、FXを始めるのなら、リスク管理、そして発注のポイントについて知っておく方が得策です。
例えば、初心者でも比較的簡単にできるというトラリピ。
これは一度発注したらそれをずっと繰り返してくれる、というもの。
儲かる時は永遠に儲かりますが、損をする時は大損です。
それでも注文を繰り返すのですから。

そうならないようにするために、実は損切り設定というものがあります。
これはここまでなら大丈夫、という損失の許容範囲を設定しておくものです。
例えば1ドル100円だったとしたら、97円まではOK、というような設定ですね。
たかが3円、と思うかもしれませんが、動かす金額が大きくなっていた場合は笑えません。
100万円分運用していれば、100円が97円に下がった場合、3万円分も損してしまいます。

FXはレバレッジをかけることができるので、元手が3万円でその何倍ものお金を運用していた場合、これを設定していないと一気に払いきれない負債となってしまう可能性もない訳ではありません。
増やすはずがそんなことになったら意味がないですよね。
そのためにも、FXの発注の際にきちんとこのような設定をしてリスク管理をしていくことが大切なのです。

日曜日 - 20 / 09 / 2015

FXに発生するリスクの種類

短期間で大きな利益を得られる、ということで注目を集める「FX投資」、これがどのような投資であるのかについてご存知でしょうか。FX投資というのは外国為替証拠金取引のことを意味しており、外国通貨を利用して利益を上げる投資方法の事を言います。ただ、大きな利益をあげられるということは、その分大きなリスクを背負っているということも理解しておかなければなりません。投資の世界というのは常にリスクとリターンが釣り合っているものであるためです。

それでは、FX投資において発生しうるリスクの種類について紹介します。まず1つ目として「信用リスク」があります。これはFX取引を行っている取引所自体の問題によって損益が発生してしまうリスクのことを言います。法律上の管理などが甘いという問題がFXには有るため、このようなリスクが発生しています。

次に、為替変動によるリスクがあります。FXはこの為替変動を利用して利益を上げるものであるため、当然ながら逆に損益になってしまう可能性もあります。取引を行っていない、あるいは確認をしていない間に大きくレートが変動して損益が発生してしまう可能性がある点には注意しなければならないでしょう。

金曜日 - 18 / 09 / 2015

リスク・コントロールのためのイフダン発注

外国為替を利用して投資を行う方法であるFX投資は、基本的な知識がなければ難しい投資の方法であると言えます。少なくとも前提として、どのような方法で発注を行うことが出来るのかについて知っておく必要があるでしょう。そこでここでは、FXにおける発注方法の一つであるイフダン発注について紹介します。

イフダン発注は正式にはIf Done orderと呼ばれます。直訳すると「完了した時に発注する」という意味となるでしょう。実際の発注内容もその名前の通りとなっています。新規発注が成立した瞬間に、すでに行われている決済注文も同時に行うというもので、指定レートを利用することによって便利な取引が出来るようになります。

主な利用方法として、指値を利用した利益の確定と、逆指値を利用したロスカットがあります。指値を利用する場合、レートを指定した新規買い注文を入れたイフダン発注を行うことによって、一度利益を確定した上で新規取引を開始することになります。対して逆指値を利用する場合、レート指定した新規買い注文を入れることによって、その後はレートを指定した売り発注を行うことになります。リスクコントロールを行う上で非常に重要な取引方法となります。

火曜日 - 15 / 09 / 2015

FXの基本的な発注方法

外国為替を対象にして投資を行う方法であるのがFX投資です。ただ、初心者からするとなかなか難しい単語などもあり、どのような方法で取引を行えば良いのか分からないことも多いでしょう。そこでここでは、主にFXで利用される「発注」の指示内容について紹介します。

まずは基本的な発注の方法として「成行」「指値」「逆指値」という3つの方法があります。まず成行というのは、取引する数量を指定した上で、現在の通貨レートを利用して取引を行うというものです。次に指値というのは、対象とする通貨レートを指定し、安くなった時に買い、高くなった時に売るようにしておくというものです。逆指値は現在よりも不利なレートを指定し、自動的に売買をする方法となります。

特殊な発注方法としては、「イフダン」や「オー・シー・オー」「イフダンオー・シー・オー」などがあります。イフダン発注というのは、新規の注文と現在の決済を同時に発注する方法で、操作を簡略化することができます。オー・シー・オーはワンキャンセルズザアザーオーダーの略称で、2つの発注を設定しておき、どちらかの発注が成立した時にもう一つの発注をキャンセルするという方式となっています。

日曜日 - 13 / 09 / 2015

トルコリラにFX投資

老後への資産運用、あるいは他の目的での資産形成などを目指して、様々な方法で資産運用を行う人が多くなってきました。その中でも注目を集めているのがFXという取引手法です。FXというのは外国為替証拠金取引の略称であり、自国通貨と外国通貨のレートの違いを利用して利益を得ることを目的としています。レバレッジを高くすることによって持っている自己資金以上の投資を行うことが出来、一攫千金のチャンスがある投資方法として注目を集めています。

そんなFXで取引を行う場合、どこの国の通貨と取引を行うべきなのでしょうか。一つポイントとなる通貨であるのが「トルコリラ」です。トルコリラは名前の通りトルコで利用されている通貨です。一時期は非常に危機的状況に陥ったことも有りましたが、その後デノミネーションが行われたことで安定して現在に至ります。トルコはその後好景気が続いておりインフレ傾向があるため、安い内に投資を行うことで利益を期待することができます。さらに、他国通貨と比べても高金利となっているために、相乗効果で利益を得やすいというメリットがあることもポイントです。

金曜日 - 11 / 09 / 2015

FXってどんな投資?

皆さんはFXという言葉を聞いたことが有るでしょうか。投資に興味がある人であれば、一度は聞いたことが有ることでしょう。では、このFXというのがどのような意味なのか、ということについては説明出来るでしょうか?FXはmargin foreign exchange tradingという言葉のForeignとeXchangeから拾った略称です。これは直訳すると「外国為替証拠金取引」ということになります。

つまりFXというのは海外の通貨と自国の通貨とのレート差等を利用して利益を上げる、外貨投資の方法の一つであるということになります。では、どのような方法で取引が行われるのでしょうか。FXにおける投資の方針としてはいくつかの方法があり、取る方法によってリスクやリターンに違いがあります。

短期間で大きな利益を上げるための方法であるのが、投機型の投資です。レバレッジを大きく掛けてその場その場の相場に合わせて投資を行うことによって小さな変動でも大きな利益をあげられる方法となります。その分リスクも大きくなり、自己資金以上の借金を負う事になる可能性もあります。

もう一つはスワップ投資と呼ばれるもので、こちらは金利差を利用して塩漬けにすることによって利益を得る長期投資です。